ピックアップ / Pick up!!

  • cube
  • earthrollscreenicon
  • rollscreenicon
  • earthicon
  • fregranceicon
  • designicon

メニュー / MENU


カーテンサイズの測り方


注文方法の説明


カーテンフックとは?


間取りで検索


その他 / Others


防寒対策|カーテンは必需品


防寒対策|カーテンの選び方


防寒対策|その他豆知識


遮光カーテンについて


遮光カーテンを理解する|遮光カーテンについて


遮光カーテンで赤ちゃんの紫外線対策 | 遮光カーテンについて


遮光カーテンの1級と3級はどう違う? | 遮光カーテンについて


インターネットでオーダーメイドの遮光カーテンを簡単注文 | 遮光カーテンについて


遮光カーテンの基本機能と気になる価格 | 遮光カーテンについて


遮光カーテンは洗濯しても大丈夫? | 遮光カーテンについて


普通のカーテンが自作で遮光カーテンにできる | 遮光カーテンについて


遮光カーテンはこんなシチュエーションにお薦め! | 遮光カーテンについて


遮光カーテンの寿命はどのくらい?| 遮光カーテンについて


遮光カーテンはどの程度光を遮る?| 遮光カーテンについて


目的に合わせた遮光カーテンの賢い選び方| 遮光カーテンについて


今年の猛暑は遮光カーテンを使って賢く乗り切ろう| 遮光カーテンについて


夏場のペットの留守番に遮光カーテンを活用しよう| 遮光カーテンについて


防犯対策に遮光カーテンを使おう| 遮光カーテンについて


遮光カーテンに使える小ワザとは?| 遮光カーテンについて


乾燥する季節に!遮光カーテンは防火タイプを選ぼう| 遮光カーテンについて


遮光カーテンの国産と輸入の違いは?| 遮光カーテンについて


寝室には遮光カーテンを使おう| 遮光カーテンについて


明るい色の遮光カーテンの遮光度合いは?| 遮光カーテンについて


カーテンのお手入れ方法


カーテンが担っている役割


オーダーカーテンでウィンドウトリートメント


おすすめのカーテンスタイル


お部屋別のカーテン選び


UVカットカーテンで室内の紫外線対策を


赤ちゃんを紫外線から守るために


オーダーカーテンを注文する前に


レースカーテンの選び方


カーテンで省エネを意識しよう


遮熱レースカーテンとは?


防炎カーテンの必要性


形状記憶加工


防寒カーテンの効果


防寒カーテンの設置場所


防寒カーテンで節電


防寒対策カーテンについて


冬を快適に!防寒カーテンで窓からの冷気や隙間風対策を| 防寒対策カーテンについて


防寒カーテンで室内の体感温度はどれくらい変わる?| 防寒対策カーテンについて


防寒カーテンで冬の電気代を節約しよう| 防寒対策カーテンについて


部屋の暖かさを保つ防寒カーテンの選び方 | 防寒対策カーテンについて


寒い冬も安心!防寒カーテンで暖房効率を高めよう | 防寒対策カーテンについて


防寒カーテンの国産と輸入の違いは? | 防寒対策カーテンについて


防寒カーテンの断熱効果って? | 防寒対策カーテンについて


オーダーカーテンの魅力


遮熱・保温カーテンの効果

2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
定休日
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

防寒対策の保温カーテンを使えば省エネでエコ♪

あったかい空気をお部屋に閉じ込める保温カーテンを利用することで、エアコンや暖房器具の利用時間を大幅にカットすることができます。今までお部屋にいる時必ず使用していた暖房器具の消費電力、灯油などを抑えることができるのでとても経済的でお財布にも環境にも優しくなります♪
季節的に冬場と夏場はどうしても消費電力が上がりがちですが、お部屋のカーテンを「保温カーテン」に変えるという簡単なことで節電に繋がり、出費を大きく削減できるのです。

太陽光をお部屋に取り込める「保温レースカーテン」

防寒カーテンと聞くと厚手のカーテンを想像している方がほとんどだと思いますが、実は保温機能付きのレースカーテンもあります。
「外は寒いけどいい天気、でも防寒対策のためにカーテンを閉めているのでお部屋が暗くて・・・。」などという問題も保温レースカーテンさえあれば解決です!カーテンを全て開けて直接光を取り込むことは可能ですが、やはり外自体の温度が低いため室内の熱は逃げて行ってしまいますし直射日光だと眩しすぎたり、プライバシーのことも考えなければなりません。
光を通して熱を反射する保温レースの仕組みを利用すれば、貴重な冬の太陽光をうまく取り入れながらお部屋の暖かさを維持できるのです。


このように普段気にしていないカーテンをよく理解し工夫してみるだけで、暮らしをサポートしてくれる重要なインテリアに早変わり♪
あなたのお部屋のカーテンを見直してみるのも良いのではないでしょうか?
 

防寒カーテンはこちらから